ワーホリ・インターン
インターンとワーホリ制度
安心サポート
ワーホリビザQ&A 
ワーホリ基礎知識
ビザについて
現地での支援機関
中国留学における中国語短期集中クラス、ビジネス研修などの情報
Facebook
メルマガ登録
海外就職の情報、中国情報など、中国語を学んでいる方と中国マニアにおくるメールマガジン。
メルマガのイメージ
カウンセリング予約
海外留学やインターンシップのアドバイス。お気軽にご相談ください。
電話の写真
インターンシップ メインイメージ

インターンとワーホリ制度

ホーム台湾インターンシップ > インターンとワーホリ制度

台湾で働く ! インターンシップとワーキングホリデーを利用しよう。

ワーキング・ホリデー(ワーホリ)とは?


台北のビル

ワーキング・ホリデー(ワーホリ)とは、提携している国や地域において、青少年に異文化交流する機会を与えることを目的としたビザ制度のことです。ワーホリビザは、満18歳~30歳までの青少年のみが申請することができる特別なビザで、一年間の長期休暇を過ごすことに付随して、その間の滞在費、旅行資金を補うために必要な範囲で就労が認められています。
台湾のワーホリビザは、年間2000人と決められています。申請者が定員をオーバーした場合、台北駐日経済文化代表處によって選考を行うことがあります。

滞在期間中の仕事


日本語を教える女性2

台湾で一番人気が高く、需要が多い職種は、日本語教師だと言われています。その他、コンビニ店員やレストラン・売店などの飲食店や、日系企業で働く方が多いです。
ご自身の中国語レベルによっても就ける仕事は異なりますので、現地の就職支援会社に相談してみるとよいでしょう。

年齢制限

ワーホリビザは、満18歳~30歳以下の方なら申請できます。
申請時に30歳で、渡航後に31歳の誕生日を迎える、というのはOKですが、申請時に17歳で、渡航後に18歳の誕生日を迎えるというケースはNGです。

申請方法

ワーホリビザは、オンラインで申請登録した後に、必要資料を揃えて各領事館(台北駐日経済文化代表處、大阪弁事処、福岡弁事処、那霸分処、横浜分処、札幌分処)へ行き申請します。詳しくは、「ワーホリビザの申請方法」をご覧ください。

現地での延長手続き

基本的にワーホリビザの滞在期限は180日ですが、滞在期限が切れる15日前から居住地の移民署サービスステーションにおいて無料で更新手続きができ、最初に付与された180日に更に180日間の滞在期間が付与されます。180日の期限を過ぎてからの延長手続きはできませんのでご注意ください。
申請する際には、申請用紙のほかパスポートと定住所が必要です。