台湾の留学
留学先を決める
お金・航空券・ビザ
留学の費用
台湾の奨学金
パスポートの手続き
台湾で使うお金
航空券
携帯する持ち物リスト
台湾基ビザの礎知識
どんな時に健康診断書は必要?
留学の保険
両替と送金
格安留学いろいろな方法
受けておいた方がいい予防接種は?
台湾の生活
台湾基本情報
中国留学における中国語短期集中クラス、ビジネス研修などの情報
Facebook
メルマガ登録
海外就職の情報、中国情報など、中国語を学んでいる方と中国マニアにおくるメールマガジン。
カウンセリング予約
海外留学やインターンシップのアドバイス。お気軽にご相談ください。
留学の費用

台湾留学で知っておくべき ~パスポート関連の手続き~

ホーム 留学情報局 > パスポート関連の手続き

パスポートに関連した手続き

基本知識

日本のパスポートを持っていれば、台湾にはノービザで90日間滞在できます(規定上は観光などの目的に限る)。

また語学留学のための停留ビザや正規留学のための居留ビザを申請する場合、残存有効期間が6ヵ月以上のパスポートが必要です。

パスポート関連の手続き

台湾留学中のパスポート関連の問い合わせ対応・手続きは、公益財団法人交流協会 が行っています。同協会は台湾への渡航や滞在などに関する邦人向けの実務業務を進めるために1972年に設立されました。

東京本部をはじめ、台湾にも台北事務所および高雄事務所を開設しています。 ここでは、主な手続きについて項目別にご紹介しましょう。なお、手数料は2015年4月1日改定分を記載しています。

ここでは、主な手続きについて項目別にご紹介しましょう。
※なお、手数料は2015年4月1日改定分を記載しています。

公益財団法人交流協会とは
大陸の中華人民共和国との日中国交正常化に伴い、台湾との国交は形式的なは断絶している。そのため、台湾との実務的な機関として交流協会が設立された。(※台湾現地では日本交流協会の名称でよばれている。)日本交流協会は台北市と台南に交流事務所が設置されている。

台湾でのパスポートの新規(切替)発行手続き

パスポートの残存有効期間が1年未満になったときや、ビザ欄(一回追加済み)の余白がなくなったとき、旅券の記載事項に変更が生じたときなどに申請します。

万が一、滞在中にパスポートの有効期限が切れてしまった場合は、できるだけ早く台北事務所または高雄事務所へ相談しましょう

申請先
台北事務所または高雄事務所
必要書類




・依頼書 1通・一般旅券発給申請書 1通
・写真 1枚(4.5cm×3.5cm、6ヵ月以内に撮影したもの)
・戸籍謄(抄)本 1通 (6ヵ月以内に発行されたもの)
※現在有効な旅券を所持し、本籍地・氏名の変更がない場合は省略可・現在持っているパスポート
※返納しないと発給申請不可
手数料

10年用:4410台湾元(20歳以上のみ申請可能)
5年用:3030台湾元
交付日数
約2週間

パスポートを紛失した場合の再発行手続き

現地でパスポートを紛失してしまったり、盗難されてしまったりした場合に申請します。

まず、パスポートを紛失した(と思われる)場所の最寄りの出入国及移民署でパスポートの紛失・盗難証明書を取得する必要があります。 パスポートの代理申請は不可で、届出時、交付時ともに本人が窓口に出向かなくてはなりません。

この手続きに関して、台湾に長期滞在されている方についてはパスポートが再発行されますが、短期滞在や緊急帰国の必要のある場合は、「帰国のための渡航書」を即日で発行してもらえます。 この渡航書の手続きは、以下のとおりです。

申請先
移民署 → 台北事務所または高雄事務所
必要書類




・紛失一般旅券等届出書 1通  ※これを提出することで、紛失旅券は失効・依頼書 1通
・一般旅券発給申請書 1通・写真 1枚 (4.5cm×3.5cm、6ヵ月以内に撮影したもの)
・戸籍謄(抄)本 1通 (6ヵ月以内に発行されたもの)・出入国及移民署発行の紛失・盗難証明書 1通  ※移民署窓口で「受理報案単」の交付を受けます
・その他参考となる身元確認書類(日本の運転免許証、保険証など)
手数料

10年用:4410台湾元(20歳以上のみ申請可能)
5年用:3030台湾元
交付日数
約2週間(パスポート再発行の場合)

帰国のための渡航書申請

あくまでパスポートを紛失するなどした方のうち、緊急のため直接帰国する場合に発行されるもので、台湾域内での周遊や第三国経由での帰国は認められていません。

代理申請は不可ですので、必ず本人が窓口に出向きましょう。
また、渡航書は帰国後にパスポート申請をする際に旅券事務所に返納しなければなりません。

申請先
台北事務所または高雄事務所
必要書類




・紛失一般旅券等届出書 1通 ※これを提出することで、紛失旅券は失効・渡航書発給申請書 1通
・写真 3枚(4.5cm×3.5cm)
・出入国及移民署発行の紛失・盗難証明書 1通 ※移民署窓口で「受理報案単」の交付を受けます・戸籍謄(抄)本または日本国籍を有することを証明する文書など 1通
・その他参考となる身元確認書類(日本の運転免許証、保険証など)
手数料
690台湾元
交付日数
原則 当日発給

台湾でのパスポートの査証欄追加手続き

パスポートの査証欄の余白が少なくなった場合、台湾でも追加(増補)手続きが可能です。

パスポート1冊につき1回だけ増やすことができます。パスポートを新規(切替)申請するときにあらかじめ査証欄を増やしておくことも可能です。また、パスポートの有効期間が1年以上あっても、増補の代わりに新規発給の申請をすることができます。

申請先
台北事務所または高雄事務所
必要書類

・依頼書 1通・一般旅券査証欄増補申請書 1通
・現在持っているパスポート
手数料
690台湾元
交付日数
約2週間

申請窓口

台北事務所(領事室)
住所 台北市慶城街28号 通泰商業大楼
電話番号 02-2713-8000 (代表)
受付時間 月~金 【査証窓口】午前9:15~11:30 午後1:45~4:00
※金曜午後は受付していません

【領事窓口】 午前9:15~11:30 午後1:45~5:00
管轄区域 台北、基隆、桃園、新竹、苗栗、台中、彰化、宜蘭、花蓮、南投
高雄事務所
住所 高雄市苓雅区和平一路87号 南和和平大楼10F
電話番号 07-771-4008(代表)
受付時間 月~金【査証窓口】:午前9:15~11:30 午後1:45~4:00
【領事窓口】:午前9:00~12:00 午後1:30~5:00
管轄区域 雲林、嘉義、台南、高雄、屏東、台東